女性の更年期障害の抜け毛はなぜ起こる?加齢による薄毛防止対策とは?

40歳を過ぎて女性が自分の健康を考える時、更年期障害を思わない方はいないと思います。個人差はあると言ってもほとんどの女性が経験します。

更年期障害と言えば、ホットフラッシュと言われる急激なのぼせや、イライラ、不安などの情緒不安、肩こりなどが主な症状として有名ですが、抜け毛も更年期障害と無縁ではありません。

私は40を過ぎて、急に体調不良に襲われ「絶対、更年期!」と思っていたら妊娠していた(笑)というちょっとしたエピソードを持っていますが、これから必ず、向かう50代。更年期はもうすぐです。

まだ、更年期には早いという方も、そろそろよという方も、今ピーク!という方も、まだ間に合う抜け毛対策、必見です!

更年期障害と抜け毛の関係性

更年期障害の主な症状は知っていても、なぜ起こるのか、きちんと知っている方は少ないと思います。そういう年だから仕方がない…。いえ、きちんとメカニズムを知っておくことで仕方ないからとあきらめず、対策が出来ます。まずは更年期障害のメカニズムを簡単に知り、なぜ抜け毛とも関係があるのか見ていきましょう。

更年期障害が起こる原因とは?

更年期障害に最も影響を与えているのがエストロゲンという女性ホルモンの減少です。このホルモンの減少によって、のぼせ、だるさ、イライラ、肩こりなどの不快な症状が現れます。エストロゲンの分泌は30代半ばをピークに徐々に減って、40代後半には激減してしまいます。これは卵巣の機能低下によるものでいわば老化現象です。

更年期で抜け毛が増える原因とは?

髪の生成には女性ホルモンが大変重要な役割を持っています。その女性ホルモンの分泌自体が減るので更年期に差し掛かった50歳前後の女性はハリ、ツヤが以前より無くなった、分け目が目立つ、抜け毛が増えるなど髪のトラブルが多くなります。女性に多いびまん性脱毛症も女性ホルモンの減少が原因です。(びまん性脱毛症についてはこちら▶女性に多いびまん性脱毛症は治る!病気の原因から紐解く正しい治療方法とは?

ホルモンの減少も老化現象の一つと言えますが、特に抜け毛に関する老化現象としては次のことがあげられます。

・髪の生成サイクル自体が規則的に行われなくなり、髪の成長が鈍くなる。

・血管自体の老化から栄養を上手く毛母細胞に送られなくなる。

・髪を作る毛母細胞の老化。

・頭皮もまた、他の皮膚と同じように老化するため、ターンオーバーが遅くなることにより、健康な状態を保ちにくくなることから、抜け毛が生じる。

ちょっと、老化、老化言い過ぎな気がしますけど…。でも老化現象は自然なこと。この自然なことをなんとなく迎えてしまうか、対策をとって迎えるかでその後の10年、20年が大きく違ってくるように思います。しっかり対策をとっていつまでも若々しく、素敵な歳の重ね方がしたいですね。

加齢による薄毛の防止対策とは?

加齢による薄毛の防止対策をしっかり取って、美しく歳を重ねましょう。薄毛防止対策というとあまり響きが美しく感じられないのですが、いわばヘアケアのアンチエイジングです。今日から早速始めしょう。

年齢に合った抜け毛防止対策をすることが大事

具体的な対策方法も前に、しっかり押さえておきたいのが40代を迎え、確実に変化する女性の身体です。女性ホルモンの減少、身体の老化現象。40を過ぎて、自覚することも多くなります。

今までとは何かが違う。そう感じつつ、今までと同じように過ごしている方は案外多いのでは?これまでとは違うのですから、それなりにちがう過ごし方をしなくてはいけないのです。生活習慣はもちろん、ヘアケアも同じこと。

これまでと同じことをして、同じ結果が出ないと落ち込む必要はないのです。きちんと年齢にあった生活習慣ケアをすれば、身体はしっかり答えてくれます。

これは私の産後抜け毛の経験したことです。3人目の出産は高齢出産でした。妊娠、出産、産後も、決して無理せず、ヘアケアも若いころのようにおざなりにしませんでした。すると産後抜け毛の回復がこれまで経験した中で最も早く回復したのです。

「あ~、年齢にあった、必要なことをすれば、身体は応えてくれるんだな」と実感した出来事でした。今、必要な対策をしっかり取れば、加齢抜け毛は防止できますよ。

これまでにプラスのヘアケアと生活習慣を

健やかな髪の生成に欠かせないのがヘアケアと生活習慣ですが、40を過ぎたら、これまでと同じでは同じ結果は得られません。ですから、常にプラスを考えることが必要です。

①プラスのヘアケア

これまでと同じシャンプーではハリやこそを感じられなくなったと思ったら、シャンプーを変えてみましょう。早すぎるかな?と思わずに育毛剤の使用も積極的に始めてみてみましょう。頭皮のマッサージは是非、日頃の習慣に。

②生活習慣の見直し

健やかな髪の生成には生活習慣が大きく影響します。特に食事、休息、ストレスの解消は重要です。これまでの習慣を見直しましょう。

・食生活にはこれまで以上にバランスの良い食事を摂ることに気を付けましょう。身体の栄養は髪の毛の栄養に直結します。和食を中心に、塩分控えめの食事を心がけましょう。特に今、更年期には大豆を含む食品が良いと注目されています。大豆イソフラボンは40を過ぎて減少が著しい女性ホルモンエストロゲンと同じような働きをすると期待されています。身体の調子をと問えるためにご自分に合ったサプリメントをプラスするのも良いですね。

質のよい休息を十分に取りましょう。もう、これまでのように徹夜などくれぐれも無理をしないように。日中も20分ほどの昼寝を摂ることで、健康に良いことが分かっています。夜更かしもほどほどに。十分な睡眠時間を確保しましょう。

ストレス解消を上手にしましょう。40~50代は子どもの受験、親の介護、仕事ではさらに責任が重くなるなど、ストレスとは縁の切れない年代です。自分なりのストレス解消法を見つけて溜めすぎることがないようにしましょう。

まとめ

更年期障害は女性ホルモンの1つエストロゲンの減少によって様々な不快な症状が出ます。抜け毛も加齢による身体の老化現象の1つであり、更年期障害とも深い関係があります。

更年期も老化も必ず訪れるものですが、その時期に必要な対策を摂ることでその先の10年、20年が変わってきます。特に髪の毛、抜け毛や薄毛については対策することで改善や防止は大いに期待できます。

今日から始められる加齢による薄毛防止対策として、これまでにプラスのヘアケアと生活習慣の見直しをしましょう。

今なら期間限定初回980円!

おすすめの育毛剤

産後抜け毛で悩むママにも安心して使える無添加育毛剤。通常価格5,945円のところを初回980円の特別キャンペーン実施中!送料無料・180日間の返金保証付きで安心して使い始めることができます。

↓↓↓クリックして詳細を確認↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です