髪の毛が薄くなるのは食べ物のせい?薄毛の原因を徹底解明!

あなたは髪の毛に関する悩みをもっていますか?中でも薄毛に悩む人は多いのではないでしょうか。

薄毛の原因として、食べ物が関係しているという話も・・・

私自身は薄毛の経験がまだなく、あるとしても栄養不足で髪が細くなったり、ボリュームがなくなったりする程度です。

今回は薄毛と食べ物の関係があるのか、また他に原因があるのかどうか調べてみました。

栄養士の私がしっかりと教えますよ!

薄毛の原因は食べ物なの?

薄毛の原因は、食べ物である可能性があります。

高カロリーなインスタント食品など、動物性の脂肪分を多く含む食品を摂り過ぎると、血液中のコレステロールが増え、頭皮への血流が悪化し、髪の毛の発育に必要なタンパク質などの補給が不足してしまうからです。

では、髪の毛によい食べ物はあるのでしょうか?

薄毛対策に効果的な食べ物4つ!

有名なのは海藻ですよね。

海藻に含まれるヨードという成分が血行を良くする働きがあるので、抜け毛や薄毛に効果があります。

実は海藻以外にも、髪の毛によい食べ物がありますので4つご紹介します。

①卵

卵には、髪の毛を健康に保つために必要な4つのミネラルであるセレニウム、鉄、亜鉛、硫黄をすべて含んでいます。これら以外にも、ビオチンやたんぱく質も多く含まれています。

ビオチンはビタミンの一種で、髪の毛の成長を促し、頭皮全体を健康に保ちます。

欠乏すると、髪の毛が細くなったりコシがなくなったりします。

鉄は、毛根細胞に酸素を供給するために必要で、欠乏すると脱毛の原因になります。

卵は完全栄養食品といわれるほど、栄養満点な食べ物です。

料理で使える幅も広いですよね。

料理とはいえませんが、私はよく電子レンジでチンして目玉焼きを作ります。

簡単で、洗い物が少なくて済みますし、何よりもノンオイルでヘルシーなのが気に入っています。

②ナッツ類

ナッツ類は、種類によって含まれる栄養素が異なります。

中でもクルミは、オメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。

オメガ3脂肪酸とは、血液をサラサラにする働きがあり、血行が良くなることで栄養が髪の毛に行きわたり、結果として薄毛になりにくい環境を作る働きがあります。

他にも、カシューナッツ、アーモンド、ピーカンナッツは亜鉛を多く含んでいるため、脱毛を防ぐことができます。

私はスーパーで売っているドライフルーツ入りのナッツが好きで、よく食べます。

あと、プレーンのヨーグルトと混ぜても食べますね。

単純に、味が好きで食べていましたが、ナッツが髪の毛によい栄養を含んでいるとは正直知りませんでした。

ちなみに、ナッツにはビタミンEも豊富に含まれています。ビタミンEは、アンチエイジング効果のある抗酸化作用があるので、女性には特におすすめですよ。

③牡蠣

牡蠣は亜鉛が多く含まれており、髪質の向上に効果があります。

また、脱毛を防ぐ効果もあり、白髪になるのを防いだり、頭皮の乾燥を予防したりといった効果もあります。

牡蠣は海のミルクとよばれるほど、栄養価が高い食べ物です。

ただ、二枚貝なのでウイルスに感染する心配がありますね。

牡蠣の旬は冬であり、夏は流通の時点でウイルス感染が広がる可能性が高いので、避けたほうがよいです。(ですが私は昔、生の牡蠣を食べてノロウイルスに感染し大変だったので、冬だからといって安全ではないのでご注意ください・・・)

④緑黄色野菜

緑黄色野菜とは、ほうれんそう、ブロッコリー、トマト、ピーマンなどの濃い色の野菜のことをいいます。

緑黄色野菜はビタミン C とビタミン A (カロテン)を多く含んでいます。

これらのビタミンは健康に良いだけでなく、頭皮の状態を整えるのにも有効です。

特に、濃い緑色の葉物野菜は、カルシウムや鉄分も豊富に含まれています。

緑黄色野菜は先に書いた通り、基本的に色の濃い野菜のことを言いますが、厚生労働省によると、“カロテン”が一定の量含まれること、と決められています。

カロテンとは、野菜に含まれるビタミンAのことをいいます。緑黄色野菜の中で一番多くカロテンを含むのは、モロヘイヤ、しその葉です。(ただし、100gあたりの量です)

 食べ物の他に原因はある?

その他の原因として2つ紹介します。

①ストレス

不安や不満などの心理的なストレスは、心身に様々な悪影響を及ぼしますよね。

それは髪の毛も同じで、過剰なストレスを受けると自律神経が緊張してしまい、血管が収縮するので頭皮への血流が悪くなります。

血流が悪化すると、髪の毛への栄養補給が妨げられますので、結果的に髪の毛の成長を妨げてしまう原因となってしまいます。

髪の毛が生え変わるヘアサイクルが乱れてしまい、髪の毛がしっかりと太くなる前に抜け落ちてしまいます。

私はストレスを感じると頭皮が硬くなるようなので、たまにですが美容院でヘッドマッサージをしてもらうことがあります。

美容師さんも分かるようで、「お仕事大変なんですか?」と聞かれたこともありましたね・・薄毛だけでなく、白髪にもつながってしまいますので気を付けたいものです。

②遺伝

特に男性型脱毛症の原因に多いですが、こればかりは自分ではどうしようもできませんよね。

脱毛を起こしやすくする“5αリダクターゼ”という酵素が、親からの遺伝により生まれつき量が多い方は、抜け毛や薄毛になりやすくなってしまいます。

人によると思いますが、確かに父親と息子の髪型って、歳をとってくると似てくるような気がしませんか?

私の父と祖父の髪型がだんだん似てきたと感じるのはそのせいかも・・・?

まとめ

ということで今回は薄毛の原因が食べ物かについて解説しました。

1.高カロリーな食べ物は薄毛のリスクあり。髪の毛によい食べ物は卵やナッツなどがある。

2.薄毛の原因は食べ物だけでなく、ストレス、遺伝なども考えられる

いろいろな原因があることを知れば、自分のできる対策はどれか分かるため、続けやすいですよね。
食事は毎日するものなので、食べ物で対策するのは続けやすいと思います。

ぜひ試してみてください!

今なら期間限定初回980円!

おすすめの育毛剤

産後抜け毛で悩むママにも安心して使える無添加育毛剤。通常価格5,945円のところを初回980円の特別キャンペーン実施中!送料無料・180日間の返金保証付きで安心して使い始めることができます。

↓↓↓クリックして詳細を確認↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です